自己紹介

2020年10月9日(金) 13時32分26秒 | 110 view

Profile

津田良太郎/Ryotaro Tsuda
GGツールズ 代表
GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社 PlayCanvas推進室 室長
Symmetry Dimentions Inc. WebGL Expert
CELSYS,Inc. Research Prototyper
NewsPicks Expert

Abstract

WebとGameの間を行ったり来たりなデベロッパー。もともとは工業高校で機械・電気電子・金属加工とかいろいろやってました。ITは大学からです。専攻はエンタテイメントシステム工学。エンジニアリングよりもデベロップメントやアートに興味があります。技術の根幹やコアも重要ですが、それで何を実現/表現するか?を考えていることの方が多いです。

History

1993年東京都生まれ。2016年3月、神奈川工科大学情報学部情報メディア学科卒業。学士(工学)。在学中はVRエンタテイメントシステムの研究を行う白井研究室に所属。研究テーマは「笑顔認識技術を利用したエンタテイメント体験の客観評価手法」
在学中よりチームラボ株式会社でのハードウェアエンジニアインターンシップ,GlobalGameJam、GUGENハッカソンなどにエンジニアとして参加。VR学会,EC2015にて口頭発表。フランス Laval Virtualにてデモ展示を実施。
2016年4月 GMOクラウド株式会社(現・GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社)入社。輸入商材を国内展開していく社内ベンチャーの事業開発部門にテクニカルコンサルタントとして配属。PlayCanvasやPhotonといったゲーム関連ミドルウェアの普及促進を担当。GDCやCES,Game Connection等国際的なゲーム開発者向けイベントにて新商材発掘、技術検証等。
2019年2月 同社、PlayCanvas推進室 室長に就任。PlayCanvasの国内展開を行う事業組織のマネージャーおよびPlayCanvas事業責任者として勤務。
2020年8月 NewsPicks Expert 登録。
2020年9月 GGツールズ(個人事業主)開業。個人開発サービスの運営と業務委託契約での開発支援を実施。
2021年2月 Symmetry Dimensions Inc. WebGL Expertに就任(業務委託契約)。 Webデジタルツインプラットフォームの構築業務及びWebGLプロトタイピングを実施。
2022年6月 CELSYS,Inc. Research Prototyperに就任(業務委託契約)。3DWebプラットフォームの研究開発とプロトタイピングを実施。

Motto

人間万事塞翁が馬  Inscrutable are the ways of heaven.
一見、不運に思えたことが幸運につながったり、その逆だったりすることのたとえ。幸運か不運かは容易に判断しがたい、ということ。

自分は今まで他の人と比べて割りと失敗続きの人生だったと思います。
中学受験から経験し、大学受験まで、第一志望にはすべて不合格。就活では教授推薦をもらえた第一志望企業に面接で不合格でした。
それでも、与えられた環境でやってみる、できることを楽しんでみようという心持ちで、最初の失敗を最後の失敗にせず、うまいこと生きてきたと自覚しています。
お陰で、恥をかくことを物ともせず、失敗を恐れないで挑戦できる根性が身につきました。今思えば一つ一つの失敗に感謝しています。

portfolio

白井研究室時代のブログ(Static Archives):
https://blog.shirai.la/tsuda.1.html
ポータル:


ブログ:

VOXELCANVAS:

ゆるふわバドミントン:

受賞や取材、インタビュー、執筆履歴、論文など:

今まで発表したスライド:

今まで開発したモック:

Contact

スカウト・副業の相談についてはこちらからご連絡ください
https://pay-career.com/spot_request/2025163210/
※Wantedly, Greenでの面談は確約できませんが、paycareerでの面談は確約できます。

avatar Ryotaro Tsuda @utautattaro

3D系Webデベロッパー。
エンジニアリングよりもデベロップメントやアートに興味があります。技術の根幹やコアも重要ですが、それで何を実現/表現するか?を考えていることの方が多いです。