PlayCanvas Editor APIで面倒な作業を自動化する

2022年4月18日(月) 6時39分30秒 | 22 view

この記事は「PlayCanvas | GWアドベントカレンダー」8日目の記事です。

PlayCanvas Editor APIが便利です。
ユーザーマニュアル(触りはこちら)
https://developer.playcanvas.com/ja/user-manual/designer/editor-api/
ドキュメント(詳しく調べる場合はこちら)



本記事ではGUIでやると超大変だけどEditor APIでやると楽勝になることを紹介します

エンティティ操作


すべてのエンティティを取得する

const entities = editor.entities.list();


renderコンポーネントを持つエンティティをすべて取得する

const renders = editor.entities.root.filter(entity => entity.has('components.render'));


renderコンポーネントを持つエンティティ全てに同一のmeshを設定したコリジョンコンポーネントを設定する

for(const render of renders){
  if(render.get('components.render.asset')){
    render.addComponent('collision');        
    render.set('components.collision.type','mesh');  
    render.set('components.collision.renderAsset',render.get('components.render.asset'));
  }
}

すべてを同一のバッチグループにアサインする

render.set('components.render.batchGroupId',100000)

batchGroupIDは、entity.render._batchGroupIdより参照できます。noneの場合は-1でそれ以降作成順に100000,100001,100002...となります。

アセット操作


すべてのアセットを取得する

const assets = editor.assets.list()


マテリアル A のdiffuse Mapに Texture A.pngをセットする

let textures = {}
for(const asset of editor.assets.list()){
  if(asset.get('type') == 'texture'){
    textures[asset.get('name').replace('.png','')] = asset.get('id');
  }
}
for(const asset of editor.assets.list()){
  if(asset.get('type') == 'material'){
    asset.set('data.diffuseMap',textures[asset.get('name')]);
  }
}



随時更新予定